さまざまな効果

看護師

症状から判断する

抗うつ剤はうつ病の症状を改善するために使用します。うつ病では脳内においてモノアミンと呼ばれる神経伝達物質の減少が起こります。それによってつらい気持ちなどが起こります。抗うつ剤を使用する効果はモノアミンを増やすということです。モノアミンを増やすことによってつらい気持ちなどの症状を改善することができます。服用を開始してすぐに効果が出るというものではなく、長期間服用することになります。最新の抗うつ剤では必要なモノアミンにのみ作用することから、副作用が少ないなどの特徴があります。飲み始めの時期に胃などに痛みが発生することがありますが、時間の経過とともに落ち着きます。飲み忘れや、服用を中止すると離脱作用が起こることがあります。また、最新の薬であれば絶対に効果があるとは限らず、患者によっては古くから使用されている薬の方がよいということもあります。そのため、飲み始めて一定期間が経過しても症状が改善しない場合には服用する量を増やしてみる、あるいは薬を変えることもあります。抗うつ剤は脳内のモノアミンに作用して不安やつらい気持ちといった内因性のうつ病に効果を発揮します。モノアミンの中でもうつ病に関係しているものはセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンです。セロトニンの分泌が減少すると不安や落ち込みが強くなります。ノルアドレナリンが減少すると意欲の低下が起こります。ドーパミンの減少においては興味を失うなどの症状が起こります。抗うつ剤を服用するとこれらのモノアミンの分泌を増やすことはもちろん、分泌されたモノアミンが細胞に吸収されることを防ぎます。細胞がモノアミンを取り込むことを再取り込みと言います。再取り込みを阻害することから、再取り込み阻害薬という種類の抗うつ剤もあります。再取り込みを阻害することでモノアミンの量を安定させることが可能です。最新の抗うつ剤では必要なモノアミンのみに作用する仕組みになっています。つまり、患者の症状によってセロトニンのみを増やすほうが良いか、セロトニンとノルアドレナリンを増やした方がよいかを判断して処方されます。