指示によって使いたい

医薬品

治療にも用いられる

薬の分類にメジャーな抗うつ剤があれば、病気の分類に精神病というものがあります。情報に促われてしまい、抗うつ剤はうつ病の薬で、精神病患者が服用し、効果が強いからこそ副作用も強いなど、間違った情報に振り回される人も少なくありません。処方されたことで、重病人というイメージがある薬だと受けとる人もいますし、服用を拒否する人もいます。もちろん、うつ病を治す薬であるのは確かですが、この薬は本来、うつ病を治す薬というよりも、治った後にまた悪くならないようにする薬です。作用も、絶望状態にさせない、攻撃的になるのを抑える内容です。今、精神科などで使われている抗うつ剤は全て、他人に対して積極的になるなど、社会化を促す作用までもあり、よい結果を出しています。ですので、よく一般の方が考える薬の常識・調べた内容は、間違っていたり誤解があったりするので、安易な下調べは不要です。薬について、気になることや知りたいことは、薬剤の専門家が一番理解していることを覚えておきましょう。抗うつ剤は、量が増えても生命維持に必要な行動には影響を与えずに、作用を発揮します。中枢神経の一部や、特定の伝達物質受容体にだけ作用するのが理由です。しかし、どれだけ薬が進歩しても薬は薬で、気分任せに服用していれば、常用量依存になることもあります。どんなに精神科や心療内科の医師が名医でも、その抗うつ剤が必要か不要かを見分けることはできません。実際に正しく使ってみて、使った後にその抗うつ剤による影響を評価するのが、医師や薬剤師なので、勝手な判断で止めることはできません。抗うつ剤による便益があって、服用によるリスクを上回ったり、止めてしまって再発というリスクが生じたりするならば、依存性のある薬でも必要です。注意点があるとすれば、効果と副作用を天秤にかけた時、副作用だけが生じるならば、依存症の診断基準を満たしていることになるので、早めの受診が必要です。不安になることはなく、病院では、同種・同効薬の整理と置き換えなども提案してくれます。不安な時、飲みたい時に服用するのではなく、決まった時間に決まった量を飲むように服用指導もしてくれます。