指示によって使いたい

医薬品

精神面などで、何かしら変化や不安があれば、精神科などの専門の医療機関を受診します。赴く時には、情報をあまり集めることはせず、医師を信頼することも大切です。この結果、抗うつ剤の服用に関してのリスクも軽減できます。

詳しく見る

原因を知ること

医者

うつ病の治療においては抗うつ剤を安全に使用するためにもまずはさまざまな検査が行われます。それによって原因をしっかりと把握できます。医療機関を受診することによって、安心、安全に治療を行っていくことができます。

詳しく見る

精神病に使える治療法

診察

うつの症状を良くできる抗うつ剤は病院に行けば手に入れられますが、専門医のいる所ならば適切な治療が可能です。この精神病は2つの種類があるので、症状に合わせて必要な薬を飲んでおけば精神状態を安定できます。

詳しく見る

さまざまな効果

看護師

抗うつ剤は脳内のモノアミンに対して作用します。それによってうつ病により起こるさまざまな症状を改善します。抗うつ剤ではモノアミンを増やす作用と、分泌されたモノアミンが細胞に吸収されることを防ぐタイプのものがあります。

詳しく見る

薬の服用で得られる効果

男性

うつ病は十分な休養を取ることが大切ですが、中等度以上の症状では抗うつ剤の服用も重要になります。抗うつ剤の服用によってうつ病の原因と考えられるモノアミンを増やしたり、再吸収を防いだりすることで、脳内環境を正常に戻すことが可能とされています。

詳しく見る

うつ病とその対処法

男性

うつ病に関する知識

うつ病には様々な原因がありますが、第一に挙げられる原因がライフスタイルの乱れです。社会に暮らす人間には、ほとんどの場合人生の変わり目があります。入学の学校の制度や就職した企業の業務時間などで、日々の生活習慣は変わるのですが、この変わり目にライフスタイルが乱れることで、精神的な負担を強く感じる方も少なくありません。このときにしっかりとリラックスできる時間があったり、メンタルケアを行う環境を作ったりすることができれば良いのですが、そのような暇すらないという方も当然いるでしょう。しかし、そのような精神的ストレスを感じる環境下で生活し続けると、うつ病になってしまう可能性が高くなります。よくうつ状態と憂鬱な状態を同じように捉えている方がいますが、実は同じではありません。うつ状態は気分が沈むという症状の他に、食欲の低下や不眠症状などが出続けるため、一時的にそのような症状が現れやすい憂鬱な状態とは違います。うつ病は症状が悪化した場合は抗うつ剤を重点的に使用する治療が行われますが、軽いものであれば抗うつ剤とライフスタイルケアだけで治るケースも多いです。抗うつ剤の入手方法ですが、日本国内では一般に入手することはできません。うつの治療に市販の精神安定剤を使用する方もいますが、それでは効果がほとんどないとされています。ではどう入手するのかというと、病院から処方してもらう方法です。心療内科などがある病院を受診し、医師の診断結果から必要と判断された場合、適切な抗うつ剤の治療が薦められます。薦められなければ抗うつ剤が返って悪影響を及ぼす状態ということなので、不安だからといって催促するのは控えた方が良いです。この方法は病院を訪れる手間がかかる分もっとも確実な方法で、良心的な病院であれば数か月と経たずに治療の効果が出始めます。一方で、個人で入手する方法という方法も存在します。日本国内では抗うつ剤は副作用も強いため市販は禁止されていますが、海外であれば市販で売っている国も少なくありません。費用は別途高くなりますが、海外から個人輸入するというのも手段の一つです。ですが、費用が高い上に自分に合った抗うつ剤かどうかもわからず服用するとなると危険なので、できるだけ医師に相談するようにしてください。