原因を知ること

医者

確実に治す

うつ病になり医療機関を受診するときには原因が何であるかを検査します。つまり、仕事やストレスなどが原因でうつ病になっているのか、あるいは身体の他の部位に問題があり症状が起きているのかを確認する必要があります。そのため、最初の診察においては問診だけでなく、血液検査や尿検査なども行われます。また、既に身体に持病があり、何かの薬を服用しているときには、どのような薬を服用しているかを医師に伝えておく必要があります。場合によっては服用している薬が原因で症状が起こることもあるからです。また、うつ病の治療においては抗うつ剤を使用しますが、既に服用している薬と抗うつ剤を同時に服用してもよいか判断するためにも必要であるからです。診察においては実際に起こっている症状の確認だけでなく生活習慣の変化の有無などの確認が行われます。診察とさまざまな検査の結果から医師が病気の状態を判断します。診察において家族が同席すると、家族からの話も聞くことができるので、より正確な診察をすることができます。うつ病は気持ちの変化が原因と思われがちですが、その気持ちの変化が起こる原因には脳内の神経伝達物質が大きく関係しています。神経伝達物質の分泌が減少することでうつ病の症状が起こります。つまり、脳内の環境を改善することが治療において必要になります。そのための薬が抗うつ剤です。抗うつ剤は一般のドラッグストアなどで購入することができるものではなく、医療機関において医師の診察を受けてから処方してもらうものです。つまり、確実にうつ病を治すためには医療機関の受診が必要です。また、原因などを知ることができるので医療機関を受診することが人気となっています。抗うつ剤についてはさまざまな種類があり、どの種類のものが効果があるかは患者によって異なります。効果があまりない場合には服用する薬が変わることもあります。服用する薬を変更するタイミングなども医師が適切に判断することから安心することができます。服用すると患者の性格に変化が起こることもありますが、そのような場合にもスムーズに相談できることも特徴です。